• 逢川まさき

    熊本県【誕生日】 3月5日
    【身長】 173cm 【特技】 英語・中国語 (日常会話程度)
    【好きな言葉】 継続は力なり・一期一会
    幼い頃から歌が好きで学生時代NHKのど自慢に出演したことを機に全国のカラオケ大会やコンテストなどに参加するようになる。当時はR&B歌手になることが夢であった。名古屋で開催されたカラオケ大会を機に上京、5年が過ぎた頃、アルバイト先と自宅との行き帰りの日々が続き、都会の喧騒に飲まれ誰にも知られずに埋もれるような漠然とした不安が続いた中、中孝介さんの「花」という曲に出会い、強くなりたい、小さくても花を咲かせたいと勇気をもらった事。
    そして「あなたの声を聴いて、初めて生きていたいと思った」と言われた事に背中を押され、2008年日本クラウンよりデビューする。現在は心に届くメッセージを伝えたいと思いからジャンルにとらわれない音楽を届けている。

    >> リリース情報はこちら

  • NinaPelea

    「グループアイドル時代に、ソロで戦いを挑む「戦う女の子」Nina Pelea」

    ・2016年11月5日、赤坂BLITZにてリアル姉妹デュオ【Dear L mana】結成。
    プロデューサー兼歌い手として堂々デビュー。
    ・2017年12月26日(火)リリース1stシングル「ふたり眠るまで」が【8500 枚】
    オリコン総合ランキング【デイリー 3 位】、【ウィークリー12 位】を獲得しオリコンインディーズランキングでは、【1 位】を獲得。

    デビュー1年半にして赤坂BLITZ単独公演を決行!
    チケット600枚完売させ大成功を収める。
    KONAMIの大人気アーケードゲーム、pop'n musicのデフォルト楽曲《High Gravity》の歌唱も担当。
    プロデュースを全て自身で行い、衣装デザインや作詞も手掛けている。
    アイドルとは思えないパフォーマンスを武器に多方面から大注目の逸材。

    アーティスト名の《NINA PELEA》は、スペイン語で《戦う女の子》を意味し、 大人数アイドルユニット時代に、単身で挑むCoco海里本人の強い意志を表す!


    ・2019年4月27日(土)新木場スタジオコーストのメインステージにてNina Peleaとしてデビュー!

  • 中村つよし

    邦楽の指導者である祖母、声楽家の母の影響を受けて育つ。
    大学にて声楽を学び、在学中よりイベントボーカルとして演奏活動を始める。
    04年頃からピアノ弾き語りのスタイルでオリジナル曲を歌い始め、関西を中心にライブ活動を展開。
    09年「カセキ・愛のカタチ」WingEntertainment(現AforceEntertainment)よりリリース。
    同年日本テレビ系音楽番組に「愛のカタチ」が取り上げられ注目を集める。
    その後シンガーソングライターとしての活動を休止し、クラシック・ミュージカル・JAZZ・シャンソン・ポップス・小唄・民族音楽的発声等、全て発声アプローチを変え歌い分ける「マルチシンガー」としての演奏活動や、楽曲提供を開始。
    声に対する欲求は止まる事を知らず、様々な発声技術を取り入れ、大学非常勤講師として『発声』の拡張・変態・覚醒など、『声』の可能性を追求・研究し続けてきた。
    活動を休止している中で、自身のオリジナル楽曲が性別も世代も異なる方々に今も歌われ続けていることを知り、自分自身で想いを伝えたいと再びシンガーソングライターとしての活動を開始。

    >> リリース情報はこちら

  • 長浜有美

    【公式サイト】https://www.nagahamayumi.com/

    1957年11月22日 徳島県で産声上げて気がつけば引っ込みじあんの自分が歌手と言う
    仕事を選んでる!摩訶不思議!
    OL時代を経て紆余、紆余、紆余、、、、曲折!!
    興味のある人はどこかでお会いした時に私に直接聴いてくださいませ!

    1975年デビュー、演歌一筋だった私が今新しい世界にチャレンジしてます。
    長浜有美歌い続けて何処へゆく??それは皆さんが決めて下さい!!
     

    >> リリース情報はこちら

  • 田山ひろし

    地元広島で水道工事の仕事をしていた時沈んだ心を癒してくれたのが、歌でした。
    自分の歌で誰かの心に届くような歌手になりたいと歌手への道へ進む。
    地元での活動をしている中、レコード会社からのデビューが決まり上京するもプロジェクトが解散、試行錯誤しながら一人で歌手への道を目指すことに・・・
    「もう辞めろ」「地元に帰れ」と言われながらも、多くの人たちとの出会いを糧に、心に届くような歌を歌いたいと歌手生活を継続。
    2017年発売の「俺に聞くなよ」で、自問自答を繰り返しながらも生きていく情けない男の歌詞に共感を呼び、もっと歌を聴きたいと全国でファンが拡大中。
     

    >> リリース情報はこちら

  • えひめ憲一

    【公式サイト】http://www.ehimekenichi.com/

    1979年、愛媛県松山市生まれ。
    2012年7月「故郷(ふるさと)がいちばん」「おいでんか松山へ」でデビュー。
    2014年2月19日「瀬戸の恋唄」「とちのきロマン」
    2015年4月15日「きずな船」「人生賛歌」「おとこ道」
    2017年2月22日「噫西郷どん」「母に」
    2018年4月25日「人生旅列車」

    2018年9月26日「小さな約束/歌バカ家族」にて初の作詞曲を収録。
    独自の音楽活動活動を全国展開中。

    CRT栃木放送 “えひめ憲一「歌のきずな」(16時05分~16時30分)”レギュラー。
    そして松山観光大使、とちぎ未来.大使を務めるなど多方面にわたり活躍中。

     

    >> リリース情報はこちら

  • Psalm

    【公式サイト】https://www.psalm-web.com/

    Hama, Kengo, からなるピアノコーラスグループ。
    早稲田大学アカペラサークル”Street Corner Symphony”出身のリーダーHamaを中心に2005年に結成。
    2011年赤坂BLITZ、2013年には渋谷公会堂でのワンマンライブも成功。 ストリートシーンから始まった活動は現在全国規模に拡大し、自身でプロデュースするライブハウス「国分寺GiveHearts」での活動も話題になっている。
    幾度かのメンバーの変更にも関わらず2人の個性豊かなボーカルと美しいピアノの旋律が創りだす世界観は多くのファンを魅了し続けている。

    Hama(ハマ、9月23日 - )
    東京都出身。早稲田大学卒業。血液型はB型。
    Psalmのリーダー。コミカルなステージング能力でPsalmを率いる。

    Kengo(ケンゴ、7月5日 - )
    北海道出身。武蔵野音楽大学ピアノ科卒業。
    歌手の父をはじめとした音楽一家で育つ。
    Psalmの音楽的頭脳
     

    >> リリース情報はこちら

  • 美良政次

    現代の和文化融合演歌

    出身地:広島
    1992年よりヴィジュアル系バンドで活動。

    1994年、音楽バラエティ番組「えびす温泉」(テレビ朝日)にて勝ち抜きチャンピオンになる。

    2005年〜現在、MALICE MIZERのリーダーManaが結成したバンドMoi dix Moisへvocalとして参加。国内のみならず、海外での人気も高くその名を知られている。

    2018年6月、サウンドプロデューサーにJY(ex.KARA)、ベッドイン、96猫等の作家「黒崎ジョン」を迎え、「美良政次」として歌謡界の世界でソロデビューが決定。
     

    >> リリース情報はこちら

  • ブラボーしろう

    【公式サイト】https://bravo.shirow.jp/

    1963年5月7日神戸生まれ、神戸育ち。
    中学2年よりギターをはじめ、数々のバンドを経た後、神戸市内のアマチュアミュージシャンを集めた神戸AMP(こうべアマチュアミュージックプロジェクト)を設立。

    歌ってしゃべれるホームページ屋の異名をとり、歌手活動の他にビジネス系・自己啓発系のセミナー講師を勤めたり、web製作と運営コンサルティングも行っている。

    2018年1月には初のミニアルバム「55歳のラブソング」をリリース!!関西特化型の活動にも関わらずオリコンアルバムランキング32位を獲得!!

    2019年春公開映画「手のひらに込めて」に役者として出演。現在活動拡大中!!

     

    >> リリース情報はこちら

  • 小田純平

    【公式サイト】http://www.odajunpei.com/

    鹿児島県出身。

    両親が小さな劇団を営み、3歳の頃から舞台に立つという特異な経歴を持つ。
    2010年にリリースしたシングル「53」が強力なメッセージを投げかけた作品として話題になった反面、「恋月夜」がカラオケランキングで上位をキープするなどジャンルを超えた活動を展開。
    「嘘をついて音楽はやりたくない」という言葉通り「演歌」の血と「フォーク」の魂が奏でる<小田ワールド>は決して誰かが真似できるものではない。

    >> リリース情報はこちら

All Posts
×